車社会といわれて久しくなりますが、男性だけでなく女性のなかにも車を運転する人が増えてきました。車を運転する人が増えれば、必然と事故も増えてきます。そのなかには自損事故も多いのではないでしょうか。例えば縦列駐車、車庫入れなどでボディーが傷つくときがあります。そういうとき、頼りになるのが板金修理です。車板金修理とうのは事故や衝撃、あるいは老朽化などによって変形したボディーを、もとの状態に戻す作業です。板金業務をおこなっている業者によってその内容も変わってきますが、その工程は、外板業務、フレーム修理、取替工程に分かれ、このなかでフレーム修理というのは、ボディー修正や内板骨格修正などになります。また外板業務は、外側のパネルを内側からたたいてもとに戻し、取替作業は、破損部分を中古部品や新品に取替える作業になります。

車板金修理の方法などとは

車板金修理を行ったことがありますか。自分が大切にしている愛車に傷が付いてしまった場合は、少しでも早くなおして気持ちよく乗りたいという気持ちになるはずです。しかし、板金修理や塗装修理などには時間がかかります。つまり、こういった修理にはとてもレベルの高い職人の技術が必要で、完璧に元の状態に戻すまでには時間がかかることを理解しなければなりません。また、少しの修理箇所でも板金や塗装には広い範囲の修理が必要になる場合があります。傷が付いた箇所だけ修理すれば良いというわけではなく、ダメージや修理後に起こる塗装部分の劣化のリスクなどを考慮して広い範囲の修理を行う場合があります。つまり、少しの傷でも広い範囲の修理により金額も高額になりやすいと言えます。こういったことをしっかり理解したうえで、車板金修理を行いましょう。

へこんだら車板金修理が必要です

車板金修理は状態によって費用が異なります。よくあるのが、ドアを開いたときにぶつけてつぶしてしまったり、へこませてしまうことです。その場合、板金と塗装が必要になるので大体五万円ほど必要になります。もちろん、範囲や色なども関係してくるので一概に言えませんが、そのぐらいは必要だと見積もっておいたほうがいいです。そして、サイドステップに関して骨格のためかなり修理が大変になります。最悪その部分を一度切断をしてから溶接で直すという方法がとられます。費用的には、十万円以上は必要です。そして、場合によってはサイドステップだけでなく、ドアにも影響することもあるので、できれば早めに趣里をしておくことが必要です。そして、修理後は必ず修理箇所を見て確認します。板金する個所によってはあまりきれいに直せないこともあるので、事前に相談をしておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*